カテゴリー:投資

おすすめサーバー

インターネットでビジネスを行うために
必要なものとして
ドメインとサーバーがあります。

そのサーバーのおすすめを紹介します。

その名は
エックスサーバーです。



| 投資

日本株のトリプルブル、トリプルベアで稼ぐ

ボーナスの季節が来ました!
投資信託に投資するいい機会ですね。

しかし、星の数ほどある投資信託。
どの投資信託がいいか迷いますね。

特徴のある投資信託を紹介します。

楽天日本株トリプル・ブル ベアファンドです。

日本株の上昇・下降にあわせて

ブルであれば上昇すれば、ファンドも上昇
ベアであれば下降すれば、ファンドは上昇

します。

さらに、トリプルというのは

トリプル・ブルであれば日本株が10%上昇すれば、
ファンドは30%上昇!

トリプル・ベアであれば日本株が10%下降すれば、
ファンドは30%上昇!

市場の値動きが大きい時期は、その3倍の収益を得ることができます。

日本株トリプル・ブルベア!
買えるのは楽天証券だけ!

海外ETFも購入できる楽天証券
一度口座の資料請求してみませんか!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



| 投資

株価大暴落

株価が大暴落しています。
26年ぶりの安値ということですが、
長期投資について考えさせられますね。

10年、15年投資すれば
市場は長期的にみれば右肩上がりのため、
複利効果も合わせてお金を得ることができる。

という基本的な長期投資の考え方を
疑問視せざるを得ません。

今、退職の年齢を迎える団塊の世代の方々で
日本株に長期投資されていた方はどんな気持ちなのでしょうか?

私個人についても、401kは日本小型株戦略ファンドというのを選択していますが、ボロボロです。

リスクヘッジの重要性をひしひしと感じます。
しかし、株式以外の投資商品である、不動産、商品、債権、も
すべで下落していますので、リスクヘッジも難しいですね。

であれば、下落相場で儲かる投資方法である、
空売りやオプション、日経225の知識は
リスクヘッジのためにも必須ですね。

為替のFXの知識も合わせて持っていれば
相場の上下にかかわらず利益を追求できると思います。

日経225とFXをしっかり勉強せねば!と再認識しました。
| 投資

ゼンショーの株を購入しました

ゼンショーの株を購入しました。
今、日本の株価は暴落していますね。
株主優待をしている企業の株価がお買い得になってきました。

ゼンショーは年に2回3,000円の食事券がもらえます。
年間6,000円ですね。
ココス、ビックボーイ、すき家、ジョリーパスタ 等等で使えます。

その株が、今日2008年10月27日時点で、何と32,000円で買えるのです!
5年以上保有すると、購入価格を超える価値の優待になってしまいますね。

以前にゲオという会社の株を購入しました。
株主優待レンタル半額カードと
ゲオポイント1,000ポイントがもらえます。

僕が購入した時は10万円ほどした株価が
今は59,800円です。
DVDをたくさん借りる方にはお勧めです!!
| 投資

海外ETFを購入 GSGとEEM

楽天証券にて海外ETFを購入しました。
購入した海外ETFは
GSG 商品インデックス

EEN 新興国インデックス
を100株づつ購入しました。

GSGは4,000ドル程
EEMは1,500ドル程しました。

GSG / ISHARES COMMODIT
NYSE

EEM / ISHARES EMERGING
NYSE

この先10年の中長期で見ると
商品相場と
新興国株式相場
は上昇すると信じて購入しました。

大投資家、ジムロジャースも
商品相場は今後10年間は上昇すると言っています。
※ジムロジャースが設定している商品ETFのRJI
は残念ながら楽天証券では取り扱っていません。

戦略はbuy and hold
購入して持ち続ける

さらに年に1000ドル筒程買い足していこうかと考えています。

海外の証券会社に口座を開かなくても
海外ETFを買う画期的な方法があります。

それは!
楽天証券に口座を開くことです。
まずは資料請求から!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




| 投資

日経225オプションと日経先物mini

日経225オプションと日経先物mini

日経平均株価が03年5月28日以来、約5年4カ月半ぶりに8300円割れとなった。

激しく下がる相場でも多大な利益を出すことができる投資方法
それが日経225オプションと日経先物(日経先物mini)

株式の買いではなく売りで有れば、相場が下がると利益を得ることができる

日経225オプションは少しややこしいのですが、
毎月10日前後の決済日の日経225の金額を買う権利を買う。
その権利の金額は相場の金額や決済日までの日数などで決まる。

そのため、決済日直前に、その日の日経225価格とかい離している
金額を買う権利はとても安くなります。

そういった安い権利なら10,000円で買うことができて、
買ってから、決済日迄に相場が大きく動いたら
多大な利益を得ることができるというものです。

買った権利の金額に達しない場合の損失は、
買った権利の金額のみ。
利益が出る場合の上限はなし。

といった投資の仕組みです。

毎月1回、1万円でのばくちに挑戦できます。
パチンコや競馬よりは勝つ確率も金額も大きいです。

一つの投資手法としての日経225オプションに
チャレンジいていこうと思います。





| 投資

投資の進化

ある本で、投資革命は3回起こっていて

投資革命の経緯としては
@インデックスファンド(ノーロード)
AETF
Bオプション・先物・FX
ということでした。

@インデックスファンド(ノーロード)
AETF
は経験済みですので、

これからは
Bオプション・先物・FX

に取り組んでいきたいと思います。

具体的には
日経225ミニとFXをはじめます。

レバレッジを効かせた投資ができるのは素晴らしいと思います。
できる限りしっかりと勉強して、取り組んでいきたい。




海外ETF

最近は、インデックスファンドをさらに効率化したETFというものが存在していて、さらに海外ETFも購入できる環境になっているということを知りました。

海外ETFも海外の証券会社に申し込まなくても、楽天証券で購入できることも知り、楽天証券を開設しました。

今後は楽天証券で、海外ETFを購入していきます。

購入ETFは
●TOK(MSCIコクサイインデックス)
●EEM(MSCIエマージング指数)
●GSG(GSCI商品指数)
です。

インデックスファンド

個別株で痛い目にあい、また自信も失っていた際に
インデックスファンドの事を知りました。
ノーロードのものもあり、結果としては一番効率的であることをを知りました。

高い手数料と信託報酬料の投資信託に申し込んでしまっていたので
解約し、その頃に知った「さわかみファンド」と中国株のインデックスファンドに乗り換えました。

個別株投資

個別株投資の失敗

個別株投資の手法として、今は悪いが今後は復活するかもしれないという銘柄を選択しました。結果、失敗しました。このおかげで今後は同じ手法は使わないことにしています。

具体的にはAIWA株をなんぴん買いで買い続けました。AIWA株はどんどん下がり続け、最後にはソニーに吸収される結果となりました。

又、ダイエー株を復活期待で購入しました。ただしダイエー株も永遠に下がり続けたため、失敗となりました。
※三菱自動車株も買いかけていましたが、買わなくて良かったです。

IT株、ライブドアや楽天にも手を出し、結果的には失敗。

個別株投資は難しいと実感した次第です。

金投資

別途金投資も始めました。るいとう形式のものです。この投資は結果的にはとてもプラス金額になりました。※ただ、まとまったお金が必要になった際に解約してしまいました。普段の生活に投資資金を流用しない体制を築かないと、投資金額は膨らまないと実感した次第です。

投資履歴

別途、投資信託を購入しました。ドルコスト平均法ということで、「るいとう」にしました。このときはインデックスファンドの知識はなく、日本戦略ファンドや世界債券ファンドなど、手数料が高いものを購入していました。

投資履歴

投資履歴としましては、
まず、野村證券に証券口座を開設しました。
定期的にMRFを購入し、金額がたまると個別株を購入していく
というスタイルで投資を始めました。
| 投資

投資に至るまで

結婚のお祝い金をいろいろいただきました。
そのお金で何かを買うのではなく、
クレジットカードの清算に使わせていただきました。

その時の気分爽快さは、何とも言えないものでした。
これから再出発できるという気分でした。

| 投資

投資に至るまで

そのころの財務状況は厳しいものでした。
クレジットカードを3社程契約していて、
各社とも50万円程、分割払いやリボの残金がありました。

投資に至るまではまず、
クレジットカードの残金を清算する必要がありました。

人気ブログランキングへ
| 投資

投資に至るまで

新婚旅行でイタリアに行きました。
イタリアに向かう飛行機の中で暇つぶしに買った本が
「金持ち父さん、貧乏父さん」でした。

自分自身がまさに、貧乏父さんにばっちり当てはまっていることに
衝撃を受け、このままではいけないと思ったのが、
投資に至る第一歩でした。

| 投資
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。